カナダでアイスフィッシング!:大氷原の小さな釣り小屋編

氷上のアイスフィッシング用、HUT(ハット:釣り小屋)へ!

先日、北の湖のHUT(ハット:釣り小屋)もオープンしたとの知らせが入り、
ハットでのアイスフィッシング開幕っ!!ということで、
OOAのメンバーで早速、新年会も兼ねて?行ってきましたよ〜。\(^o^)/

湖畔から雪上車に乗り、ゴトゴトゴトと氷上を進むこと数キロ、、、
緑の小さな小屋たちが見えてきます。

この小さな小屋が、アイスフィッシングをするハットと呼ばれる釣り小屋。

ハットのまわりは全方位、360度見渡す限りの氷原、
体感したことのないような雪と氷の別世界が広がっていますよ〜〜〜。
(この写真は別日に撮った写真です。)

中に入ると、ガス式の調理用のストーブが設置されていて、
床には釣り用の穴が開いています。生きた小魚をエサにしてこの穴に糸を垂らします。

ハットの扉を閉めて、ストーブでお湯を沸かしていると、とても暖か。
そとは氷点下10℃を下回っているのですが、中は上着を脱いでゆっくりと釣りができる快適空間~ ♪

扉を閉めると、暗い室内に湖底から反射した光が差し込んで
穴が発光しているような、幻想的で美しい光が滲みます。。。

穴を覗き込んでいると、時折エサを追いかけてくる魚が見えたりと、
綺麗でかつとても興奮しますっ!

氷の下はどうなっているのかとカメラを沈めてみた動画。ご覧ください ↓

氷の厚さはどんなもんかと、メジャーで測ってみると
優に60センチは超えているようでした。(驚っ!)

カッチンカッチンです。

氷の上にいるという感覚が全くありません。

 

今回は、釣り初めて30分もしないころから順調に釣れはじめ、
尺(約30センチ)を超えるサイズのイエローバーチも釣れましたっ!☆

天然冷蔵庫っこ。

釣れたお魚は、ハットの外へ出しておきます。すると、自動的にカッチンコッチンの天然冷凍庫。

鮮度保証カンペキですっ!(´ω`)ノ

そして、OOAの踊るネイチャーガイド、タカコが今回最大のパーチを釣りましたよ〜っ♪

タカコの顔の大きさを優に超える、なんと33センチの特大パーチ、ゲットですっ!!!

 

実は、今回の真のターゲットは、シスコ!
今までは種の保護のために釣り上げても泣く泣くリリースを強いられていましたシスコ(淡水ニシン:ヘリング)が、なんと今年から解禁となり、数量限定ですが持ち帰りが許可されているのです!

と、いうことで
イエローパーチはある程度釣れているので、タナを変えてシスコ狙いへシフトです。

このシスコ、禁漁の時には招かれざる客としてたくさん釣れてくれるのですが、、、

いざ釣ろうとするとなかなか釣れない、、、そんなもんですね。

シスココイシスココイコイ〜〜〜と、呪文のように唱えて釣り続けておりますと、、、

 

タカコの竿にアタリありっ! なんと、30センチほどのシスコゲットですっ!!

シスコが解禁となって、OOAでの初シスコはタカコでした。もってますね〜!

シスコとパーチ

 

外では粉雪が舞いだして、、、

暖かなハットの中は、まったりゆっくりとした釣り時間。。。

ハットの中に持ち込んだ食べ物をストーブで温めて食べながら、
午後も話の合間合間に合いの手をいれるかのような釣れ具合。。。

 

粉雪の舞う氷原の上で興奮しつつ、十分に癒されて納竿となりました。

今回の釣果は、シスコが1匹ととてもいいサイズのイエローパーチが30匹弱ほど。

 

最後に釣れたて冷凍なお魚たちを仕分けて、産地直送食卓まで〜♪

 

トロントから車で約1時間半ほど、
まるで別の惑星へ迷い込んでしまったいかのような大冒険!

ご一緒しませんか?

 

Likeus_OOA

カナダでアイスフィッシング!:大氷原の小さなテント編

 

年が明けてからというもの、もう氷の上の様子が気になって気になって、、、
北の湖からHUT(釣り小屋)もオープンしたとの知らせも入り、もうアイスフィッシングへのウズウズが止まりませんっ!

というわけで、湖の凍り具合も確認するべく、氷原に穴を開ける大きなドリルを担いで行ってまいりましたよ〜。

北のミズウミ、アイスフィッシングのメッカ、レイクシムコへ!

今回はハット(釣り小屋)を利用するのではなく、徒歩で氷上へ繰り出しての氷穴釣りです〜 (´ω`)ノ

湖畔に着くと、そのまま湖の上へ車で進みます〜(笑)

しっかりと凍っている湖の上は広大な臨時の駐車場、どこに止めてもいつまで止めても無料の天然の駐車スペースです。(ただし毎年春先には、何台かは水没してしまうようなので、ご注意を (^^ゞ

天然、氷上の駐車場

車で氷の上へ進んでも氷は通常の地面と変わらず、ビクともしません。
まるで大地の延長上のような氷の上に車を止めて、ソリに荷物を積み、氷上へ出撃の準備です。

雲ひとつない晴れ渡った絶好のアイスフィッシング日和、この日の気温はマイナス15℃ほど、微風。

さぁ大氷原へ出発ですっ!

空のアオと湖の深いアオの絶景!

氷原の彼方、小さな点がポツポツと見えるあたりを目指します。

今年は雪が少ないので、氷の表面が見えてとても綺麗。ソリも滑りやすいので、釣りのポイントまで約800メートルほど、快適に進みます。


厳冬下、マイナス15℃を下回ってる氷の上なんですが、
なんなんでしょーこののどかな雰囲気っ♪

お天気もいいので氷の上にいる人たちはゴキゲンですっ!☆

 

氷上にハットやテントが密集しているエリアに入ってきました。

この時期、魚が釣れるポイントにはハットが集まり
まるで釣り好きな人たちの村、集落のようなコミュニティーが出現します。

まさに厳冬下にだけ存在する氷の王国!

そして、このハットたちの合間にお邪魔して穴を開けて釣りをすると、
比較的釣れやすいポイントということですねっ♪

さぁ、分厚く張った氷に穴を開けましょう!

穴を開けるにはこのような↓  専用の大きなドリルを使います。

アイスフィッシング・ドリル

腰を落として、力一杯全力で、氷の大地に穴を開けていきますよ〜。

暖冬だと心配していた今年も、無事?(穴を開けるのにとても疲れますが、、、)30センチ以上も凍っているようです〜

氷の穴 (途中)

 

氷の穴がなんとかあいたら、その穴を中心に快適に過ごすための小道具たちを設置して、氷の穴へエサをつけた糸を垂らします。

すると、ジャーーーンっ

こうなりますっ!!

いいお天気で、見晴らしも良くオープンスペース。
お隣さんとも程よく距離をとった好立地。

テントを設置するとこうなりますっ↓

ジャジャーーーンっ!!!

 

テントちっちゃっ、、、σ(^_^;)

大氷原にぽっつーんと小さなテント、、、
防風のためのオープンなシェルターテントですが、眼の前に氷の水平線が広がって雄大でダイナミックな景色の中での釣りは(好きな人には、、、)最高ですっ!( ♥ᴗ♥ )

テントを設置し、出来るだけ快適空間を演出しようとさらにカバンから小道具たちを引っ張り出して設置するのも束の間、

さっそく竿先にピクピクっと小さなアタリっ!

意気揚々、クルクルっと糸を巻き上げると

イエローバーチがかかっているではありませんかっ!! (ヤタッ、今年初魚っ!!!)

氷の上にあけた穴の中は真っ暗で、何が上がってくるかわかりません。。。

何が釣れてるかなー?っと
極寒の中苦労してあけた穴から、実際に魚が釣れて上がってくると感動です。感無量ですっ (TдT)

イエローパーチ

そして釣れてくれたイエローパーチに感謝しつつ、
白身でフライにするととてもおいしいお魚なので、キープします。(^人^)

この場所が釣れることを確認したので、
じっくりと腰を据えて釣ることにして、お昼ごはんの準備です。

お湯を沸かしてカップラーメンに注ぎ、ソーセージなどを焼く。
極寒の中での温かいご飯とカップラーメン、通常のカップラーメンより数十倍美味しい瞬間ですねっ!

いただきますっ! (-人-)

 

お腹も満たされたところで、午後のお茶を沸かしながら
ゆっくりと釣りです。。。

午後の釣り
氷の王国では、おのおの好きなことをして過ごしています。

氷面も見えて綺麗といっても、所々ガタガタでクラック(ひび割れ)もある氷面をスケートしてる少年を発見っ!

「琵琶湖より大きな湖ぜんぶが僕のスケートリンクだよっ!フフン~♪ 」ということですね。

さすがのカナダ的スケールの大きさに激しく感動っ!

 

そんな少年少女や王国の整備に忙しい大人たちを横目にしながら
釣り続けておりますと、小ぶりですがイエローパーチがちょこちょこと釣れて
こんな感じ↓

アイスフィッシングの釣果

丸ごとしっかりとフライにすれば骨ごと食べれそうなサイズもチラホラで、
満足満足。

日も傾いてきたので、そろそろ荷物をまとめて帰り支度を、、、

帰りの時間

今日一日楽しませたくれたフィールドに感謝、一礼してふたつの穴を残して
帰路につきます。

氷の上の駐車場へ戻り、後ろを振り返ると遥か氷の王国が綺麗な夕暮れのライトに照らされていました。。。

 

っと、長くなってしまいましたが最後まで読み進めていただき
ありがとうございました。 m(_ _)m
 

Likeus_OOA