秋の森のムース(ヘラジカ):カナダ、オンタリオ州アルゴンキン、紅葉の森 2015

 

 

今年の秋は、9月に入り穏やかで暖かい日和、、、

まるで夏のようなインディアンサマーが連日続いているような気候で、
9月を通して暖かく、そのためアルゴンキンパークの紅葉のピークも10日ほども遅れました。

幸いなことにその間、葉を散らしてしまうような強風が吹くこともなく、今年は例年より長く紅葉が楽しめる季節となりました。

そして、暖かな日和が続き過ごしやすい気候の中、ゆるやかに寒くなっていったからかどうか定かではないのですが、今年は例年より多くの秋のムースたちに出会うことができた良年でしたっ!

今回は、そんな秋の深い森の中で出会ったムース(ヘラジカ)たちをご紹介しますっ!☆

 

北米大陸に生息する世界最大の鹿、ヘラジカのことを英語でMooseといいます。
アルゴンキンパークの自然保護エリアには通年野生のムースが生活をしていますが、秋はムースが一番美しく輝く季節でもあるのです。

特に雄のムースは春から夏にかけて生えた立派な角が秋に最盛期となり、繁殖のため雌のムースと共に行動していることもあります。

この時期、雄も雌も毛艶が良く、しっとりと深い茶色の毛で覆われたムースの巨体は、まさに森の王という呼び名を冠するに相応しい雰囲気。
そして、そのような神秘的なオーラをまとったムースに、今年も幾度か出会うことができました。

まず最初は、アルゴンキンを通るハイウェイ60での出会い。

(※ 写真クリックで拡大できます。)

 

ハイウェイを横切り森の中へ。。。

ハイウェイを横切り森の中へ。。。

まだ交通量も少ない平日の早朝、、、

車で走行中にハイウェイの横に雄のムースが見えたので、急いで停車しての撮影。
車から降りると既にムースはハイウェイを渡ろうとしていたので、カメラ片手にダッシュ、間に合わないので走りながらパシャっと。

早朝の朝靄の中、静謐な秋の森のハイウェイ上で束の間の出会いでした。

 

そして、次は森の中にお食事中の雌のムースを発見っ☆

と、いっても

湖畔のロッジに宿泊中に、ロッジのスタッフに教えてもらって見に行くと、、、

紅葉の森の中、分りづらいですが、、、中央の黒い物体がムースです。

紅葉の森の中、分りづらいですが、、、中央の黒い物体がムースです。

 

グッとアップにすると、、、こんな感じ。

グッとアップにすると、、、こんな感じ。

ムシャムシャムシャ…と、お食事中。

動画も撮ってみました〜。(´ω`)ノ

ムシャムシャムシャムシャムシャムシャ…

朝焼けのとても美しい静かな朝に、ゆっくりとお食事中の雌のムースでした。

 

お食事中のムースの様子をもうひとつ。

アルゴンキンの中を通るハイウェイにたくさんの車が停まり撮影していたので、車を停めて見てみると、、、

湿原の遥か彼方、肉眼では確認できないような遠距離にムースが食事をしておりました。

わかりますか? 湿原の遥か彼方の黒いの、、、

肉眼ではほぼ確認できないので、ズズーーーっと超望遠でアップにしてみると
こんな感じ↓

立派な角を持った雄のムースが、一心不乱に水辺で何やらお食事中、、、。

この撮影は夕方だったんですが、周りに居合わせた人に聞くと、午前中からゆ〜っくりとず〜〜〜っと食べていたようで、どんな美味しいものがソコに生えていたのか、、、???
今でも気になって仕方ない。。。今年最大の謎です!(笑)

そんなムースのなが〜〜〜いお食事の様子、動画でまとめてみましたのでご覧ください。

 

そして、最後はこの秋ムースに最接近した時の写真たち。

人気のない平日の森の奥、、、

紅葉の撮影で森の中を散策していると、バシャバシャっと遠くで水の音、

湖の方へ目を凝らして見ると遠くに黒い島のような動く物体が、、、
ムースやっ!と確認して、息を潜めてそ〜っと近づいてみると、

水に体を半分ほど浸けながら水生植物を食んでいる雄のムースさん。

水辺ギリギリのところで撮影していると、気付かれてしまって、、、

ムースは湖から出て、森の奥へと、、、

この後、ファインダーを覗きながら夢中で森の中へと走って追いかけたんですが、、、途中でズッコケてしまって見失ってしまいました。トホホ σ(^_^;)

そして我に返って森の王ムースの神々しい姿に、しばし放心状態。。。

震えるような感動と畏敬の念とともに、
豊かな森アルゴンキンに感謝感謝の一念でした。  (^人^)

 

燃えるような紅葉のアルゴンキンパーク、動物たちの美しさも最盛期を迎え
色鮮やかで美しい、まるで厳しい冬へと備える森からの贈り物のような季節です。

 

OOAの関連ツアー

関連記事:燃えるような紅葉のアルゴンキンはコチラ↓

 

https://www.facebook.com/ontariooutdooradventures

紅葉のカナダ!:アルゴンキン州立公園 紅葉まとめ 2014

日本の紅葉、今年はいかがでしょうか?
今、日本の紅葉は見頃のようですね。

ここカナダはオンタリオ州、アルゴンキン州立公園の燃えるような紅葉のピーク時から約1ヶ月半。。。

日本のもみじなどの繊細で美しい紅葉に想いを馳せながら、2014年のアルゴンキン州立公園の紅葉まとめいってみましょうっ!☆

今年は冷夏の影響で、平年より1ヶ月ほど早く色付きはじめ、8月の末のあたりからチラホラと紅葉している楓の木々が目につくようになり、ツアーシーズンの前にピークを迎えてしまうのではないかと気が気ではない状態で9月に入りました。。。

そして、、、

9月に入ってみると色付くスピードも落ち着き、比較的落ち着いた天候で強風の影響もなく、下旬には近年最高水準の燃えるような紅葉の森が出現しましたっ!☆

ババーーーンっ!

車でアルゴンキン州立公園の中を通るハイウェイ60を走っているだけでも、息をのむような景色の連続。。。
アルゴンキン州立公園は、大地に緩やかな起伏がありますので、起伏の先に現れる大パノラマや曲がり角の先に現れる光景に目を奪われつつ、、、
この光景が50キロ以上続くのですっ!

まさに燃える紅葉のハイウェイ、圧巻ですっ!!

そして、トレイルの入り口に車を停めて、中へ踏み入れると紅葉のトレイルが続きます。足元の赤や黄色の色鮮やかな落ち葉を拾いながら、頭の上を見上げると真っ青な空と共に、陽光に照らされた木々たちが赤や橙、黄色に輝いていました。

湖に映る紅葉もこの時期、ぜひ見ていただきたいオススメ・ポイントのひとつ。

カナダならではの雄大でダイナミックなパノラマが広がります!

カヌーに乗ってゆったりと楽しむ紅葉。
アルゴンキン州立公園の醍醐味です。(´ω`)ノ

今年アルゴンキン州立公園の紅葉も冷夏の影響を懸念していましたが、
蓋を開けてみれば素晴らしく、天候にも恵まれ
カナダの青い空のもと、本当に燃えているような紅葉の森を楽しめました。

ピーク時の週末は素晴らしい天候に恵まれ、行楽にこられた方々も例年より多かったそうです。綺麗な紅葉を多くの方が楽しまれたようでなによりです〜 (^_^)/

本格的な冬を間近に、寒くなってきましたが、
また来年の紅葉が今から楽しみですね〜〜〜。

そして、楓の紅葉が落ち着いた時期のもうひとつの黄葉。
針葉樹タマラックの黄金に輝く物語。下記リンクよりご覧ください〜。

https://ooablog.wordpress.com/2014/11/10/tamarack/

紅葉のカナダ!: ~ 黄金の黄昏れ ~

燃えるような紅葉の季節も終わりをむかえ、アルゴンキンの森は晩秋の静けさの中で、木々や動物たち、そしてキノコなどの菌類たちも登場して、厳しい冬への準備に向けて大忙し。
そんな森の中、アルゴンキンの森の東側ではタマラック(Tamarack : アメリカカラマツ)が針葉を黄色に変えて、黄金色の輝きを放ちます。

 

楓の紅葉のピークも過ぎ、森へ訪れる人もグッと減った10月の中ごろ、タマラックの黄葉を撮影に行って参りましたよ〜 (´ω`)ノ

アルゴンキンパークの西側のゲート、ウェストゲートを訪れると、
紅葉のピーク時の交通整理をしていた時期とはうってかわって、周囲の楓の木々は葉を落とし、ひっそりとした森の中に佇むウェストゲートの建物。
静けさを取り戻した森の中、とても素敵な雰囲気です。天気も良くて、ワクワクっ。

ウェストゲートを出て、西側の湖のほとりやトレイルの様子をチェック後、ハイウェイ60の東側、針葉樹の森を目指します。ウェストゲートから40キロ地点を過ぎたあたり、ビジターセンターを過ぎるとハイウェイ沿いの深緑の針葉樹の中に、黄色くひときわ輝きを放っている木々が目につくようになってきました。タマラック(Tamarack : アメリカカラマツ)、世界的にも珍しく秋になると黄葉し、落葉する針葉樹です。

雲ひとつない真っ青な空に太陽の光をうけてキラキラと針葉が輝いています。まるでオーラをまとっているような光景。思わず車を停めて撮影ですっ☆

ハイウェイ沿いは、電線が写り込んでしまう場所が多いので、電線のない場所を求めてさらに車を走らせます。
湖畔に沿ってタマラックが群生している絶景パノラマビューを発見っ!☆

湖畔に沿って、深い緑の針葉樹から黄金に輝くタマラックと見事なコントラストが続きます。
タマラックの枝に近づいてみると、まるで金色に輝く産毛が枝から生えているように細やかな針葉が黄葉しています。
その針葉が太陽の光を受けて輝き、まるで枝の周囲にうっすらとオーラを発しているような雰囲気。 綺麗。。。
厳しい冬の前に森が輝きを放っています。

凛とした冷たい空気の中に、冬の訪れと
暖かな太陽の光の中に、夏の名残を感じる心地よい午後。
人気のない森の中で、留鳥やリスたちが活発に冬の準備を進めています。。。

ひときわ輝く、青空と黄葉のコントラストの綺麗なタマラックたち。
真っ赤に燃えるような紅葉の後の、まさに黄金のアンコール。

青空に向かって、突き刺さっているかのような鋭角なシェイプの黄葉は、広葉樹の紅葉とは違い、厳しい冬に向かうための調和と水源を育む森の荘厳な雰囲気。そして最後の輝きとを併せ持ったゴールデンなフィナーレ!!

高い山や碧く美しい海などないけれど、
豊かな水を湛えた湖と海のようにうねり広がるアルゴンキンの森にふさわしい大団円。

みなさん、アルゴンキンの森の黄金のアンコール、ご存知でしたか?
厳しい冬が訪れる前の大自然の調和を感じる光景です。

楓の紅葉の落ち着いたこの時期にも、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

 

https://www.facebook.com/ontariooutdooradventures

 

紅葉のカナダ!:~ 紅く輝く森へ ~

カナダはオンタリオの夏、今年はとても涼しい夏でした。。。
それでも、空気の中にしっかりとした秋の気配を感じはじめた今日この頃、、、9月に入りましたね。

ここオンタリオの9月は、メープルシロップで有名なシュガーメープル(砂糖楓)をはじめとする、様々な楓(かえで:メープル)の木々が赤や橙、黄色へと見事な秋の装いをはじめます。

トロント近郊で最も美しい紅葉を楽しんで頂けるのは、やはりアルゴンキンパーク。
今月号のトロントの日本語情報誌、TORJAの連載にも紅葉の記事を書いておりますので、ご覧ください。
『楓の森の歩き方 ~ 紅く輝く森 ~』

先週、アルゴンキンパークの森の中を歩いていましたら、既に色づきはじめている木々に出会いました。。。
今年の夏は、かなりの冷夏でしたので紅葉も例年より早くはじまることも予想されます。

例年のアルゴンキンパークの紅葉は、9月の末頃から10月の初旬にピークを迎えます。
今回は、見渡す限りの大地を彩る紅葉の大パノラマ、アルゴンキンパークの雄大な紅葉の写真ギャラリーをお届けします〜。
(各写真をクリックで、ギャラリービューでお楽しみいただけます。)

そして、最後にトロント発着、紅葉のアルゴンキンパークへのツアー情報も掲載しておりますので、忘れずチェックしてくださいねっ!☆

 

 

https://www.facebook.com/ontariooutdooradventures