秋の森のムース(ヘラジカ):カナダ、オンタリオ州アルゴンキン、紅葉の森 2015

 

 

今年の秋は、9月に入り穏やかで暖かい日和、、、

まるで夏のようなインディアンサマーが連日続いているような気候で、
9月を通して暖かく、そのためアルゴンキンパークの紅葉のピークも10日ほども遅れました。

幸いなことにその間、葉を散らしてしまうような強風が吹くこともなく、今年は例年より長く紅葉が楽しめる季節となりました。

そして、暖かな日和が続き過ごしやすい気候の中、ゆるやかに寒くなっていったからかどうか定かではないのですが、今年は例年より多くの秋のムースたちに出会うことができた良年でしたっ!

今回は、そんな秋の深い森の中で出会ったムース(ヘラジカ)たちをご紹介しますっ!☆

 

北米大陸に生息する世界最大の鹿、ヘラジカのことを英語でMooseといいます。
アルゴンキンパークの自然保護エリアには通年野生のムースが生活をしていますが、秋はムースが一番美しく輝く季節でもあるのです。

特に雄のムースは春から夏にかけて生えた立派な角が秋に最盛期となり、繁殖のため雌のムースと共に行動していることもあります。

この時期、雄も雌も毛艶が良く、しっとりと深い茶色の毛で覆われたムースの巨体は、まさに森の王という呼び名を冠するに相応しい雰囲気。
そして、そのような神秘的なオーラをまとったムースに、今年も幾度か出会うことができました。

まず最初は、アルゴンキンを通るハイウェイ60での出会い。

(※ 写真クリックで拡大できます。)

 

ハイウェイを横切り森の中へ。。。

ハイウェイを横切り森の中へ。。。

まだ交通量も少ない平日の早朝、、、

車で走行中にハイウェイの横に雄のムースが見えたので、急いで停車しての撮影。
車から降りると既にムースはハイウェイを渡ろうとしていたので、カメラ片手にダッシュ、間に合わないので走りながらパシャっと。

早朝の朝靄の中、静謐な秋の森のハイウェイ上で束の間の出会いでした。

 

そして、次は森の中にお食事中の雌のムースを発見っ☆

と、いっても

湖畔のロッジに宿泊中に、ロッジのスタッフに教えてもらって見に行くと、、、

紅葉の森の中、分りづらいですが、、、中央の黒い物体がムースです。

紅葉の森の中、分りづらいですが、、、中央の黒い物体がムースです。

 

グッとアップにすると、、、こんな感じ。

グッとアップにすると、、、こんな感じ。

ムシャムシャムシャ…と、お食事中。

動画も撮ってみました〜。(´ω`)ノ

ムシャムシャムシャムシャムシャムシャ…

朝焼けのとても美しい静かな朝に、ゆっくりとお食事中の雌のムースでした。

 

お食事中のムースの様子をもうひとつ。

アルゴンキンの中を通るハイウェイにたくさんの車が停まり撮影していたので、車を停めて見てみると、、、

湿原の遥か彼方、肉眼では確認できないような遠距離にムースが食事をしておりました。

わかりますか? 湿原の遥か彼方の黒いの、、、

肉眼ではほぼ確認できないので、ズズーーーっと超望遠でアップにしてみると
こんな感じ↓

立派な角を持った雄のムースが、一心不乱に水辺で何やらお食事中、、、。

この撮影は夕方だったんですが、周りに居合わせた人に聞くと、午前中からゆ〜っくりとず〜〜〜っと食べていたようで、どんな美味しいものがソコに生えていたのか、、、???
今でも気になって仕方ない。。。今年最大の謎です!(笑)

そんなムースのなが〜〜〜いお食事の様子、動画でまとめてみましたのでご覧ください。

 

そして、最後はこの秋ムースに最接近した時の写真たち。

人気のない平日の森の奥、、、

紅葉の撮影で森の中を散策していると、バシャバシャっと遠くで水の音、

湖の方へ目を凝らして見ると遠くに黒い島のような動く物体が、、、
ムースやっ!と確認して、息を潜めてそ〜っと近づいてみると、

水に体を半分ほど浸けながら水生植物を食んでいる雄のムースさん。

水辺ギリギリのところで撮影していると、気付かれてしまって、、、

ムースは湖から出て、森の奥へと、、、

この後、ファインダーを覗きながら夢中で森の中へと走って追いかけたんですが、、、途中でズッコケてしまって見失ってしまいました。トホホ σ(^_^;)

そして我に返って森の王ムースの神々しい姿に、しばし放心状態。。。

震えるような感動と畏敬の念とともに、
豊かな森アルゴンキンに感謝感謝の一念でした。  (^人^)

 

燃えるような紅葉のアルゴンキンパーク、動物たちの美しさも最盛期を迎え
色鮮やかで美しい、まるで厳しい冬へと備える森からの贈り物のような季節です。

 

OOAの関連ツアー

関連記事:燃えるような紅葉のアルゴンキンはコチラ↓

 

https://www.facebook.com/ontariooutdooradventures

楓の森の歩き方 on the web : 水辺の動物たち

みなさんこんにちは、
前回のブログで、ここカナダは南オンタリオにもようやく春が来ましたよ〜っと、お伝えしたのも束の間、日差しが一気に強まり、トロントでは既に真夏の様相を呈してきました。
日中半袖で過ごすのは当たり前、上半身裸で自転車に乗ったり、ジョギングしているカナディアンもチラホラ。

オンタリオの美しい湖たちもキラキラと湖面を輝かせています。
今年は春をゆっくりと楽しむ時間はあまり無かったですが、、、

さぁ、みなさん来ましたよっ!
春を若干スキップ気味に、湖面輝くカヌーシーズンの到来です!

キラキラと輝く湖面へカヌーを滑り込ませ、漕ぎ出せば、、、
水辺で活動するさまざまな動物たちにも出会えます。

水との距離の近いカヌーは、動物や水鳥たちと同じ目線で、音を出さずに彼らの領域へ近づいて行くことの出来る最適な手段なんです。

 

今月、6月号のトロントの日本語雑誌TORJAへの記事は、”水辺の動物たち”。
カヌーに乗り、水の上からの動物たちとの出会いについて書いておりますよ〜。
是非、紙面でご覧ください〜。 Webでの紙面はコチラ

そして、今回このブログでは、水の上での出会い。
野生動物たちとの出会いの動画をご紹介します〜。

カヌーの旅、ショートショート。
水の上で出会った野生動物たち、動画でご覧ください。。。

 

さらに、紙面では紹介しきれなかった水辺の動物たちの写真集〜 ☆ ご覧ください〜。

 

オォ〜、オンタリオ。 (オンタリオとは、先住民族イロコイ族の言葉で「美しい湖、輝く水」という意味なんです。)

光り輝く水の上、カヌーの旅へご一緒しませんか?

 

 

https://www.facebook.com/ontariooutdooradventures

楓の森の歩き方 on the web : 春を告げる鳥たち

寒さの特に厳しかった今年の冬、まだ肌寒かったりしますが、
朝、鳥たちの鳴き声で目覚める人も増えてきたのではないでしょうか?

トロントの日本語雑誌TORJAの6月号、今月のOOAの記事は “春を告げる鳥たち” 。
春になり、遠く南の暖かな地域から戻ってきた渡り鳥や厳しい冬をこの地で過ごしながらも、爽やかに春を唄いあげる鳥たちをご紹介っ♪

今回のTORJAの記事との連動ブログ記事は、春を告げる鳥たちの動画。
動画でしかわからない動きや鳴き声、そして、、、。

まずはHummingbird~ ハチドリ。
砂糖水のフィーダーにまるでハチのようにブーンと羽音をたてて飛んできます。
空中で巧く静止のホバリング、そして鳥の中で唯一、後ろへ飛べる不思議な飛行術。
ご覧ください。

ハチドリって、この小さな体で大陸を縦断する渡り鳥なんですよっ! 驚きですっ!

 

ではでは、次は文字どおり春を告げている鳥、カーディナル(Northern Cardinal)の鳴き声を聞いていただきましょうっ☆

真っ赤なカーディナル。見事に春を歌い上げておりますよ〜 ♪

 

そしてそして、春の庭先にもよく顔を出してくれるアメリカン・ロビン(和名:コマツグミ)。

昨年のOOA春のキャンプ研修時に、キャビンの屋根の下にロビンが巣を作っていました。。。
そーっとそーっと、カメラを巣の横に置かしてもらいましたよ〜。
さぁ、巣ごもりロビンの様子、撮れているでしょうか……?
ご覧ください。

 

いかがでしたか、春を告げる鳥たち。

さぁ、春を高らかに歌い上げる鳥たちに出会いに行きませんか?

 

 

https://www.facebook.com/ontariooutdooradventures

森の小さな住人、アカリスとシマリス

アルゴンキンパークでは、紅葉の季節を終え
白く美しい極寒の季節へと衣替えをしている真っ最中。
先日トロントでも初雪が降り、
現在アルゴンキンではほぼ連日零度を下回る気温となっています。
先日は、既に−15℃を記録していました。寒ぅ〜〜〜っ。

さてさて、そんな気候のアルゴンキンの中で気になるのが
森の小さな住人、リスたち。
(動物だから人じゃないよ〜ってなツッコミはこの際なしとしまして、、、σ(^_^;)
冬の準備はしっかりと出来たかな〜?

今年も森の中でたくさんのリスたちと出会いました。


特に秋のリスたちは冬支度で大忙し、
木の上と地面の間をめまぐるしく駆け回っています。

アルゴンキンパークで特によく出会うのがアカリスくん(Red Squirrel)とシマリスちゃん(Chipmunk)。

森の中を歩いていて、キィ、キィーと高音の鳥の鳴き声のような特徴的な鳴き声が聞こえてきたら、アカリスが近くにいますよ〜
よく耳を澄ましてその鳴き声のする方を見てみてください。
針葉樹の球果を集めるのに大忙しなアカリスくんが枝や木々の影にいるかもしれません。

どこにいるかわかりますか〜?

アカリスは、木の幹の下や苔の下、幹の周りなどに貝塚のような貯蔵庫を作って冬に備えます。

 

そして、種やナッツを頬張ってぷっくりとふくれた頬のシマリスたちにも出会いました。
足元の藪の中からひょっこりと顔を出すかもしれませんよ〜 (´ω`)ノ

シマリスは比較的人なつこくて、やさしく手を差し伸べると近くまで来てくれるかもしれません。

小さな手で上手に持って種などをかじります。
種やナッツを詰め込んだ頬をぷくーっと膨らませて、、、可愛すぎる。。。

冬に向けて、シマリスたちは安全な生活空間と貯蔵庫を確保するためにせっせと穴掘りやトンネル作りに精を出しています。

 

お食事中のアカリスくん、松ぼっくりに夢中です。

 

初雪が降り、気温が零度を下回りはじめるこの季節、
ついつい冬の準備はしっかりできたかなぁ〜と
彼の森のリスたちに想いを馳せてしまいます。。。

今度冬の森へ様子を見に行ってみることにします。