カナダでアイスフィッシング!:大氷原の小さなテント編

 

年が明けてからというもの、もう氷の上の様子が気になって気になって、、、
北の湖からHUT(釣り小屋)もオープンしたとの知らせも入り、もうアイスフィッシングへのウズウズが止まりませんっ!

というわけで、湖の凍り具合も確認するべく、氷原に穴を開ける大きなドリルを担いで行ってまいりましたよ〜。

北のミズウミ、アイスフィッシングのメッカ、レイクシムコへ!

今回はハット(釣り小屋)を利用するのではなく、徒歩で氷上へ繰り出しての氷穴釣りです〜 (´ω`)ノ

湖畔に着くと、そのまま湖の上へ車で進みます〜(笑)

しっかりと凍っている湖の上は広大な臨時の駐車場、どこに止めてもいつまで止めても無料の天然の駐車スペースです。(ただし毎年春先には、何台かは水没してしまうようなので、ご注意を (^^ゞ

天然、氷上の駐車場

車で氷の上へ進んでも氷は通常の地面と変わらず、ビクともしません。
まるで大地の延長上のような氷の上に車を止めて、ソリに荷物を積み、氷上へ出撃の準備です。

雲ひとつない晴れ渡った絶好のアイスフィッシング日和、この日の気温はマイナス15℃ほど、微風。

さぁ大氷原へ出発ですっ!

空のアオと湖の深いアオの絶景!

氷原の彼方、小さな点がポツポツと見えるあたりを目指します。

今年は雪が少ないので、氷の表面が見えてとても綺麗。ソリも滑りやすいので、釣りのポイントまで約800メートルほど、快適に進みます。


厳冬下、マイナス15℃を下回ってる氷の上なんですが、
なんなんでしょーこののどかな雰囲気っ♪

お天気もいいので氷の上にいる人たちはゴキゲンですっ!☆

 

氷上にハットやテントが密集しているエリアに入ってきました。

この時期、魚が釣れるポイントにはハットが集まり
まるで釣り好きな人たちの村、集落のようなコミュニティーが出現します。

まさに厳冬下にだけ存在する氷の王国!

そして、このハットたちの合間にお邪魔して穴を開けて釣りをすると、
比較的釣れやすいポイントということですねっ♪

さぁ、分厚く張った氷に穴を開けましょう!

穴を開けるにはこのような↓  専用の大きなドリルを使います。

アイスフィッシング・ドリル

腰を落として、力一杯全力で、氷の大地に穴を開けていきますよ〜。

暖冬だと心配していた今年も、無事?(穴を開けるのにとても疲れますが、、、)30センチ以上も凍っているようです〜

氷の穴 (途中)

 

氷の穴がなんとかあいたら、その穴を中心に快適に過ごすための小道具たちを設置して、氷の穴へエサをつけた糸を垂らします。

すると、ジャーーーンっ

こうなりますっ!!

いいお天気で、見晴らしも良くオープンスペース。
お隣さんとも程よく距離をとった好立地。

テントを設置するとこうなりますっ↓

ジャジャーーーンっ!!!

 

テントちっちゃっ、、、σ(^_^;)

大氷原にぽっつーんと小さなテント、、、
防風のためのオープンなシェルターテントですが、眼の前に氷の水平線が広がって雄大でダイナミックな景色の中での釣りは(好きな人には、、、)最高ですっ!( ♥ᴗ♥ )

テントを設置し、出来るだけ快適空間を演出しようとさらにカバンから小道具たちを引っ張り出して設置するのも束の間、

さっそく竿先にピクピクっと小さなアタリっ!

意気揚々、クルクルっと糸を巻き上げると

イエローバーチがかかっているではありませんかっ!! (ヤタッ、今年初魚っ!!!)

氷の上にあけた穴の中は真っ暗で、何が上がってくるかわかりません。。。

何が釣れてるかなー?っと
極寒の中苦労してあけた穴から、実際に魚が釣れて上がってくると感動です。感無量ですっ (TдT)

イエローパーチ

そして釣れてくれたイエローパーチに感謝しつつ、
白身でフライにするととてもおいしいお魚なので、キープします。(^人^)

この場所が釣れることを確認したので、
じっくりと腰を据えて釣ることにして、お昼ごはんの準備です。

お湯を沸かしてカップラーメンに注ぎ、ソーセージなどを焼く。
極寒の中での温かいご飯とカップラーメン、通常のカップラーメンより数十倍美味しい瞬間ですねっ!

いただきますっ! (-人-)

 

お腹も満たされたところで、午後のお茶を沸かしながら
ゆっくりと釣りです。。。

午後の釣り
氷の王国では、おのおの好きなことをして過ごしています。

氷面も見えて綺麗といっても、所々ガタガタでクラック(ひび割れ)もある氷面をスケートしてる少年を発見っ!

「琵琶湖より大きな湖ぜんぶが僕のスケートリンクだよっ!フフン~♪ 」ということですね。

さすがのカナダ的スケールの大きさに激しく感動っ!

 

そんな少年少女や王国の整備に忙しい大人たちを横目にしながら
釣り続けておりますと、小ぶりですがイエローパーチがちょこちょこと釣れて
こんな感じ↓

アイスフィッシングの釣果

丸ごとしっかりとフライにすれば骨ごと食べれそうなサイズもチラホラで、
満足満足。

日も傾いてきたので、そろそろ荷物をまとめて帰り支度を、、、

帰りの時間

今日一日楽しませたくれたフィールドに感謝、一礼してふたつの穴を残して
帰路につきます。

氷の上の駐車場へ戻り、後ろを振り返ると遥か氷の王国が綺麗な夕暮れのライトに照らされていました。。。

 

っと、長くなってしまいましたが最後まで読み進めていただき
ありがとうございました。 m(_ _)m
 

Likeus_OOA

カナダでアイスフィッシング!:OOAのアイスフィッシング2015

 

暖冬のここ南オンタリオから、あけましておめでとうございます。

みなさま、やっとやっとここ一週間ほど気温が零下な日々が続き、只今トロントはマイナス10℃、体感気温がマイナス18℃ほど、窓の外には雪がチラついております〜。

そして、北の湖の湖畔からはアイスフィッシングの釣り小屋((HUT)を凍った湖の上へ設置準備中の連絡がっ!!

もう少しですっ!もう少し待てば、凍った湖の上でアイスフィッシングを楽しめますよ〜。(´ω`)ノ

厳しい寒さ真っ只中のオンタリオですが、厳しい寒さになったり大雪が降ったりで、テンション上がるのがオンタリオのアウトドア大好きな人たち。今週はFacebook上でも、雪の上からや氷の上からの投稿が増えてきて、みなさん情報交換に勤しんでおります。
多分に漏れず僕たちも年が明けてからワクワクが止まりません〜 (^_^)/

 

まるで氷と雪の別の惑星に迷い込んでしまったかのような光景、
360度見渡す限りの大氷原へ、ご一緒しましょう!!

 

そして、まずはの予習としてのこの動画 ↓
OOA代表 ホリーさんと愛犬ストラダーのアイスフィッシング体験動画、ご覧くださいっ☆

 

そしてそして、凍った湖の下、分厚い氷の下はどうなっているのか!?
アイスフィッシング、水の中カメラの動画 ↓

上記動画にも映っているお魚、イエローバーチとシスコ(淡水ニシン)。

昨年までは、イエローパーチは釣った後の持ち帰りが許可されていたのですが、シスコは禁漁のため、釣れてもリリースしなければなりませんでした。
それがなんと今年、13年ぶりにシスコも最大2匹(フィッシングライセンスの種類による)まで持ち帰りが可能となりましたっ!☆ 楽しみがさら増えましたよ。

聞くところによると、淡水のニシンというだけあって脂がのっていて塩焼きが美味しいということですので、今からさらにテンション上がっております〜

 

アイスフィッシングのOOAブログ記事は、コチラ ↓

https://ooablog.wordpress.com/2014/01/31/icefishing/

https://ooablog.wordpress.com/2014/03/26/icefishing2014/

 

最後に、アイスフィッシングの写真のギャラリー。

 

トロントから北へ約1時間半ほどの別世界!
大氷原へご一緒しましょう!!

 

Likeus_OOA

ピッキーンっと凍り待ちの日々。。。 ~カナダ、オンタリオの湖畔より

12月も残すところあと10日ほどとなり、来週はクリスマス休暇、ロングホリデー。
家々の軒先にはクリスマスのイルミネーションが灯り、ラジオからはクリスマスソングが休みなく流れ、街にはプレゼントを両手いっぱいに抱えた人たちで賑わっています。

 

そんな街の喧騒の中でもやっぱり気になるのは、森や湖のこと。
今年は厳冬期に入るのが遅いようで、雪が降っても溶けてしまう日もあり、、、
雪の降雪状況はもちろんのこと、ここは南オンタリオ。なんといっても大小無数にある湖たちの凍る状況が気にかかりますっ!

なぜか……?

なぜかって、それは湖が全面凍結すれば、アイスフィッシングができるからっ!!

ここ南オンタリオでは、厳冬期に広大な湖が全面凍結します。
湖が凍結して厚い氷が張れば、釣り人達は凍結した湖の上に繰り出して氷に穴を開けてテントを張り、アイスフィッシングのスタートです。
このアイスフィッシング、日本の氷穴釣りとはまた違い、日本の氷穴釣りでメインターゲットとなるワカサギのような生きた小魚を餌に、大きな魚たちを狙います!
冬場のアイスフィッシングもまたカナダならではのダイナミックな釣りなワケです!

そのアイスフィッシングに行きたくたて行きたくて、まずはフィールドとなる湖の凍る状況が気になって気になって、12月に入って何度もチェックしに行っております。(^^ゞ

上の写真たちは、五大湖のひとつヒューロン湖北部の湾、ジョージアンベイ。
五大湖ですので海のように広大な湖の遥か遠く水平線の彼方まで、氷に覆われます。

この撮影当日は、風が強く湖の色がほのかに青白い乳白色でとても幻想的でした。 秋と冬の合間のこういった時期もいいですね。
この海のように大きな水平線の彼方まで凍るなんて、毎年のことながら今の時期はにわかには信じられません。

 

そして、アイスフィッシングのメッカ、琵琶湖より大きな湖、レイクシムコ。

 

先日マイナス10℃ほどとなったお天気の良い日に、いてもたってもおられずに見に行ってきましたよ〜。

まだ湖岸から30メートルほどしか氷ができていませんでしたが、風に打ち寄せられた氷が集まって不思議なウロコのような模様を形成していました。
とてもキレイ♪ 風によって波打つときに朝日が反射して不規則にキラキラと光ります。
こんな光景に巡り会えただけでも嬉しくなりますね。
寒い冬の朝にトクしたキブンっ♪
大自然の中で心ほころぶひと時です。寒いけど… ^_^

そしてそして、きちんとアイスフィッシング用のHUT(釣り小屋)も用意されているのも発見っ☆ テンション上がりますっ!☆

レイクシムコのビーチより。この水平線の彼方までこれから凍結します。

信じられますか?
この水平線の彼方、琵琶湖より大きなこの湖全域が凍結するんですよっ!!!
そして、大氷原のまっただ中で釣りをするんですよ〜 ♪
今から楽しみで仕方ありません!!

 

野外活動専門のOntario Outdoor Adventuresですから、もちろん冬の野外活動も各種取り揃えております。
先週からは、OOAのもうひとつのディビション、テレマークスキーの団体 Skitelemarkの今シーズンの活動もスタートしました。
http://skitelemark.ca

テレマークスキー、クロスカントリースキー、そしてスノーシューでの冬の森歩きなどなど、冬を全力で楽しむためのアクティビティーが盛り沢山でございます。

ですが、ここであえて(個人的に?)書いてしまいますが、今年の冬のOOAはアイスフィッシング押しですっ!☆ ビシッ(`・ω・́)ゝ

去年のアイスフィッシング、紹介とまとめはコチラ↓

https://ooablog.wordpress.com/2014/01/31/icefishing/ まとめ

https://ooablog.wordpress.com/2014/03/26/icefishing2014/

 

暖冬の今年、まだゆっくりとしている渡り鳥たちもいるようです。。。

それでも、今年の冬のOOAはアイスフィッシング押しですっ! (念押し ^^

先日のレイクシムコ、朝日に光る氷の様子がとても綺麗で、撮影した動画をまとめて音楽をつけてみました。

撮影時は、気温マイナス10℃ほど、風があったので体感気温はマイナス15℃を下回っていたと思いますが、撮影時から今まで終始心のほころぶ光景です。不思議ですね。。。

次の木曜日はクリスマス・デー
ささやかですがカナダはオンタリオ州の湖畔から心なごむ時節のお便り。

Have a wonderful Winter Holiday~ 🙂

紅葉のカナダ!:アルゴンキン州立公園 紅葉まとめ 2014

日本の紅葉、今年はいかがでしょうか?
今、日本の紅葉は見頃のようですね。

ここカナダはオンタリオ州、アルゴンキン州立公園の燃えるような紅葉のピーク時から約1ヶ月半。。。

日本のもみじなどの繊細で美しい紅葉に想いを馳せながら、2014年のアルゴンキン州立公園の紅葉まとめいってみましょうっ!☆

今年は冷夏の影響で、平年より1ヶ月ほど早く色付きはじめ、8月の末のあたりからチラホラと紅葉している楓の木々が目につくようになり、ツアーシーズンの前にピークを迎えてしまうのではないかと気が気ではない状態で9月に入りました。。。

そして、、、

9月に入ってみると色付くスピードも落ち着き、比較的落ち着いた天候で強風の影響もなく、下旬には近年最高水準の燃えるような紅葉の森が出現しましたっ!☆

ババーーーンっ!

車でアルゴンキン州立公園の中を通るハイウェイ60を走っているだけでも、息をのむような景色の連続。。。
アルゴンキン州立公園は、大地に緩やかな起伏がありますので、起伏の先に現れる大パノラマや曲がり角の先に現れる光景に目を奪われつつ、、、
この光景が50キロ以上続くのですっ!

まさに燃える紅葉のハイウェイ、圧巻ですっ!!

そして、トレイルの入り口に車を停めて、中へ踏み入れると紅葉のトレイルが続きます。足元の赤や黄色の色鮮やかな落ち葉を拾いながら、頭の上を見上げると真っ青な空と共に、陽光に照らされた木々たちが赤や橙、黄色に輝いていました。

湖に映る紅葉もこの時期、ぜひ見ていただきたいオススメ・ポイントのひとつ。

カナダならではの雄大でダイナミックなパノラマが広がります!

カヌーに乗ってゆったりと楽しむ紅葉。
アルゴンキン州立公園の醍醐味です。(´ω`)ノ

今年アルゴンキン州立公園の紅葉も冷夏の影響を懸念していましたが、
蓋を開けてみれば素晴らしく、天候にも恵まれ
カナダの青い空のもと、本当に燃えているような紅葉の森を楽しめました。

ピーク時の週末は素晴らしい天候に恵まれ、行楽にこられた方々も例年より多かったそうです。綺麗な紅葉を多くの方が楽しまれたようでなによりです〜 (^_^)/

本格的な冬を間近に、寒くなってきましたが、
また来年の紅葉が今から楽しみですね〜〜〜。

そして、楓の紅葉が落ち着いた時期のもうひとつの黄葉。
針葉樹タマラックの黄金に輝く物語。下記リンクよりご覧ください〜。

https://ooablog.wordpress.com/2014/11/10/tamarack/

紅葉のカナダ!: ~ 黄金の黄昏れ ~

燃えるような紅葉の季節も終わりをむかえ、アルゴンキンの森は晩秋の静けさの中で、木々や動物たち、そしてキノコなどの菌類たちも登場して、厳しい冬への準備に向けて大忙し。
そんな森の中、アルゴンキンの森の東側ではタマラック(Tamarack : アメリカカラマツ)が針葉を黄色に変えて、黄金色の輝きを放ちます。

 

楓の紅葉のピークも過ぎ、森へ訪れる人もグッと減った10月の中ごろ、タマラックの黄葉を撮影に行って参りましたよ〜 (´ω`)ノ

アルゴンキンパークの西側のゲート、ウェストゲートを訪れると、
紅葉のピーク時の交通整理をしていた時期とはうってかわって、周囲の楓の木々は葉を落とし、ひっそりとした森の中に佇むウェストゲートの建物。
静けさを取り戻した森の中、とても素敵な雰囲気です。天気も良くて、ワクワクっ。

ウェストゲートを出て、西側の湖のほとりやトレイルの様子をチェック後、ハイウェイ60の東側、針葉樹の森を目指します。ウェストゲートから40キロ地点を過ぎたあたり、ビジターセンターを過ぎるとハイウェイ沿いの深緑の針葉樹の中に、黄色くひときわ輝きを放っている木々が目につくようになってきました。タマラック(Tamarack : アメリカカラマツ)、世界的にも珍しく秋になると黄葉し、落葉する針葉樹です。

雲ひとつない真っ青な空に太陽の光をうけてキラキラと針葉が輝いています。まるでオーラをまとっているような光景。思わず車を停めて撮影ですっ☆

ハイウェイ沿いは、電線が写り込んでしまう場所が多いので、電線のない場所を求めてさらに車を走らせます。
湖畔に沿ってタマラックが群生している絶景パノラマビューを発見っ!☆

湖畔に沿って、深い緑の針葉樹から黄金に輝くタマラックと見事なコントラストが続きます。
タマラックの枝に近づいてみると、まるで金色に輝く産毛が枝から生えているように細やかな針葉が黄葉しています。
その針葉が太陽の光を受けて輝き、まるで枝の周囲にうっすらとオーラを発しているような雰囲気。 綺麗。。。
厳しい冬の前に森が輝きを放っています。

凛とした冷たい空気の中に、冬の訪れと
暖かな太陽の光の中に、夏の名残を感じる心地よい午後。
人気のない森の中で、留鳥やリスたちが活発に冬の準備を進めています。。。

ひときわ輝く、青空と黄葉のコントラストの綺麗なタマラックたち。
真っ赤に燃えるような紅葉の後の、まさに黄金のアンコール。

青空に向かって、突き刺さっているかのような鋭角なシェイプの黄葉は、広葉樹の紅葉とは違い、厳しい冬に向かうための調和と水源を育む森の荘厳な雰囲気。そして最後の輝きとを併せ持ったゴールデンなフィナーレ!!

高い山や碧く美しい海などないけれど、
豊かな水を湛えた湖と海のようにうねり広がるアルゴンキンの森にふさわしい大団円。

みなさん、アルゴンキンの森の黄金のアンコール、ご存知でしたか?
厳しい冬が訪れる前の大自然の調和を感じる光景です。

楓の紅葉の落ち着いたこの時期にも、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

 

https://www.facebook.com/ontariooutdooradventures